レーシック

サーフィンに適した波質をチェックする

サーフィンに適した波は習熟レベルによって変わってきます。

 

厚い波と言われる波は、スピードは遅くて波が切り立っておらず、なかなかブレイクせず
ブレイクしてもゆっくりの波です。
ロングボードや初心者の練習に良いでしょう。

 

ホレた波は厚い波とは正反対に波が切り立っているうえ、表面がカールしています。
パワーもスピードも出しやすい波で上級者ならば楽しく滑れます。
波の大きさによって一気に難しくなります。

 

速い波というのはブレイクの形は一見きれいに波のピークから滑る部分のショルダーに向かっていますが、
そのスピードがとても速い波です。
難易度は高いですが上級者ならば、スピードに乗って楽しめます。

 

オフショアの波は陸から沖に向かって風が流れるときの波ですが、沖からやってくるうねりの方向と逆になるため、
波のスピードを打ち消してくれます。さらに「面ツル」と呼ばれる表面のざわつきのない波を
作るのでサーフィンには適しています。
とはいっても風が強すぎれば表面はざわつきますのであくまでも弱いオフショアの時です。

 

反対のオンショアの波は沖から陸に向かう風のため、うねりにとっては追い風です。
波は速い上に崩れやすく、海水表面はざわついて滑りにくくなります。
波の性質を覚えてサーフィンに役立てて下さい。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る