レーシック

サーフィンの基本のパドリングを海練習してみよう

海でサーフィンを始める前に、陸での準備運動やパドリングの練習は十分でしょうか。
陸ばかりで練習してもつまらないので、サーフィンの基本のパドリングを海練習してみましょう。

 

海練習に入ると、サーフボードに腹ばいになるという基本姿勢をとることで、
いかにバランスを取るのか難しいかを痛感すると思います。
上手にパドルできるまえに、うねりの中でバランスをうまくとったりバランスを崩したりした時に
元に戻す練習をして見ましょう。

 

ただボードに腹ばいになってうねりを受けたり体をゆすったりして見て下さい。
バランスがとれたらパドリングしてみましょう。海練習すると、水の抵抗というものを手と腕に感じるはずです。

 

指は軽く開き気味にし、ボードに平行ではなくクロールのようにS字に(左手は逆S字)
パドルするのが理想ですが、始めのうちは平行に動かせれば十分です。
ちょっとした力のかけ方で方向が変わってしまったりするでしょう。

 

パドリングは波がなくても練習できるサーフィンの基本技術ですから、コツコツ続けて下さい。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る