ドルフィンスルー サーフィン

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

ゲッティングアウトのためのドルフィンスルー

沖の方がサーフィンに適した波が来るため、サーフィンをする人は沖を目指します。
これをゲッティングアウトと言いますが、波に押し戻されることもしばしばです。
ドルフィンスルーは大きめの波を超えるためのゲッティングアウトのテクニックです。

 

ドルフィンスルーを簡単に言うと、ボードと体を沈めて波の下をくぐる事を言います。
波のタイミングを見計らい、波が近づく前に上半身を起こしてノーズからボードを沈めます。
次に足のつま先をボードのテールに着いてテールも沈めます。
片方のつま先は波の感覚を確認するために上げておきます。波をやりすごしたら、
上体をボードに近づけ浮力で浮いていきます。浮上したらゲッティングアウトを再開します。

 

難しいかもしれませんが、ドルフィンスルーをマスターするにはとにかく挑戦してみることが大切です。
タイミングと波に向かう方向に気をつけて練習して下さい。
同じサーフィンでもロングボードでは水の抵抗を受けやすいため海中に沈めるのが難しいことから
ローリングスルーの方が向いています、ドルフィンスルーはショートボード向きです。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

ドルフィンスルー|ショートボード専用のゲッティングアウト技術関連ページ

パドリングの陸練習
サーフィンでうまく波に乗れるようになるためには陸練習も欠かせません。
パドリングの海練習
サーフィンの基本のパドリングを海練習してみましょう。
パドリングの悪い例
サーフィンの基本のパドリングの悪い例について考えてみます。
ゲッティングアウトのタイミングは?
パドリングで沖に出ることをゲッティングアウトと言いますが、そのタイミングについて
ゲッティングアウトのカレント利用法
潮の流れ(カレント)を読んで楽に沖に向かう方法。
波のやり過ごし方(足がつく場所)
足の着く所でスープやうねりを飛び越える方法
プッシングスルーとは?
ゲッティングアウト時に、波が小さい時にはプッシングスルーを選んで下さい。
ローリングスルーとは?
大きな波の超え方のローリングスルーも覚えましょう。
ゲッティングアウトのマスター方法
ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法
波の待ち方とテクニック
テイクオフの前の沖での波の待ち方とテクニックについて説明しています。