レーシック

レーシックと後遺症 〜 「過矯正」「ドライアイ」「白目の充血」 〜

レーシックは極めて安全性の高い手術ですが、まれに後遺症が残る場合があります。

 

では、どのような後遺症があるのかを具体的に見ていきましょう。

 

まず、「過矯正」があります。
これは、手術によって過度に矯正されてしまい、見えすぎてしまう状態です。
近視を治療したら逆に遠視になってしまったという状態とも言えます。
具体的な症状としては、近くが見えにくい、光がまぶしく感じる、近くから遠くに目を移すと
焦点が合わないなどが挙げられ、ひどい場合には頭痛や吐き気などの症状を引き起こす場合もあります。
過矯正の場合は、再手術をすることによってその症状を治すこともできます。
病院やクリニックによっては、無料で治療をしてくれるところもあります。

 

また、レーシックの後遺症として「ドライアイ」もあります。
これは、目が乾いてしまう症状です。
普段からドライアイの症状を持っている人も多いでしょう。
手術ではレーザーによって角膜の屈折率を行うので、涙腺を同時に焼ききってしまい、
それが再生するまでの間にドライアイの症状が出やすくなります。
ただしこの症状は、3ヶ月くらいでおさまるものなので、その間は医師から処方された目薬を
使用することによって、その症状を緩和することができます。

 

また、「白目の充血」もレーシックの後遺症として挙げられます。
これは、白目の部分に血溜まりが生じてしまう症状です。
手術でレーザーを使用することが原因でこうした充血の症状が出てしまうのですが、
これも一時的なもので、3週間くらいでおさまります。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る