レーシック

エピレーシックの手術の流れ

レーシックにはいくつかの種類の治療方法がありますが、ここでは「エピレーシック」についてお話します。

 

エピレーシックではどのような手術方法で治療を行うのでしょうか。
実際の手術の流れを見ていきましょう。

 

まず手術前に、点眼薬によって麻酔を行います。
この麻酔によって、施術時の痛みを軽減することができます。

 

次に、「エピケラトーム」という医療器具を使って角膜の一部を薄くめくり、「フラップ」を作成します。
通常のレーシックとエピレーシックとの違いは、このフラップを作成する時に使用する器具です。
通常の手術の場合は「マイクロケラトーム」という器具を使用してフラップを作成しますが、
エピレーシックでは「エピケラトーム」という器具を使用します。
エピケラトームは、マイクロケラトームよりもより薄いフラップを作成することができ、
強度の近視や乱視で角膜が薄い場合でも手術をすることが可能になります。

 

また、ボクシング、格闘技など眼球に強い衝撃がかかるスポーツをする人に勧められる手術方法です。

 

フラップを作成すると、フラップをめくった状態で目にレーザーを照射し、屈折率の調整を行います。
ここで使用されるレーザーは、通常の手術と同じく「エキシマレーザー」と呼ばれる特殊なレーザーです。

 

エキシマレーザーによって屈折矯正が行われた後は、フラップを元に戻し、
保護用のコンタクトレンズを装着して、手術は終了です。
このコンタクトレンズは角膜を保護する目的のもので、手術後数日間使用することになります。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る