レーシック

レーシックで目が良くなる!

近視、遠視、乱視など目の悩みを抱える人は非常に多いのですが、そうした人から今、 大変注目が集まっているのがレーシックです。 「レーシックで目が良くなる」と言われていますが、ではなぜレーシックで視力を上げることができるのでしょうか。 そもそも人間の目は、瞳孔から光が入り、その光が角膜と水晶体で屈折し、 目の後部にある網膜で焦点を結ぶことによって映像を映し出すことができます。 正常な目であれば、目に入った光は網膜できちんと焦点を結びますが、その焦点が合わなくなることによって、 近視、遠視、乱視といった症状を引き起こします。 レーシックは、目に光が入る「角膜」の屈折力を調整することによって、網膜でうまく焦点が 合うように矯正するものです。 その結果、手術を受けることによって近視・遠視・乱視の症状が治る、つまり目が良くなるということになります。 では、レーシックで目が良くなるとどのようなメリットがあるのでしょうか。 まず、メガネやコンタクトがなければ生活ができないという不自由さから解放されることができます。 また、コンタクトの場合はケア用品の購入や定期検診などが必要になりますが、 そうしたメンテナンスにかける時間やコストもなくすことができます。 そして、激しいスポーツをする場合はメガネやコンタクトをしていると危険な場合もあるのですが、 そうした問題点もなくなります。 また、メガネの使用は視力の低下を招きやすい、視界が狭くなるなどのデメリットがあり、 コンタクトは酸欠を発生しやすい、細菌が繁殖して感染症になるなどの問題点がありますが、 そうした心配もいらなくなります。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る