レーシック

ワイプアウトも上手な失敗として覚える

サーフィンのレベルが上がってきたら、失敗した時も上手な失敗ができるように練習しましょう。
意識的にライディングをやめることをプルアウト、ボードから落ちてしまってやめることを
ワイプアウトと言いますが、ワイプアウトはただ落ちれば良いものではありません。

 

海に落ちた後、ボードも一緒に波に巻き込まれれば大怪我をします。
上手な失敗の仕方を覚えて安全にサーフィンを楽しみましょう。

 

ワイプアウトのコツは、自分とボードをしっかり離して海に落ちるという事です。
スープで立つ練習をする最後にやってみるのが良いでしょう。

 

乗り方は基本通りに乗って下さい。岸に向かって進んできて、周囲に人がいない事を確認します。
ここでワイプアウトしよう!と決めたら、思いっきり後ろ体重になり、サーフボードを前に蹴り出します。

 

サーフボードは前に、自分の体は後ろに離れるのでボードから距離を持ってワイプアウトする事ができます。
あとはもがかずに、自分の体が浮いてくるのを待って下さい。

 

この時オフショアの風が吹いているとボードは前に蹴っても押し戻されて危険です。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る