サーフボードに立つ練習

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

うねりから波をつかまえてテイクオフしよう

うねりで立つ練習は十分にできたでしょうか。
うねりのタイミングがしっかり体で覚えられたら次はいよいよ波のブレイク(崩れる波)に乗ってテイクオフです。
崩れないうねりだけで練習していた時との違いは、ボードに立つ直前の水面の斜面がかなり急角度になる事です。

 

バランスも取りにくくなりますし、波の崩れる直前で立つタイミングも見なくてはいけません。
実際の乗り方ですが、今までのサーフィン練習を活かす事を忘れないで下さい。
うねりが斜面を作り出していき、テールが持ち上げられる感覚を感じたら、
おへそでしっかりとバランスを取りテール加重にします。

 

パドリングでスピードを上げて波が崩れる直前で、一瞬で立ち上がります。
大切なのは、立ち上がる前にはすでにパドリングのスピードでボードが走り出しているかと言う事です。

 

しっかりと立ち上がったら、重心をノーズ側に切り替えて波の上を走ります。

 

うねりをみて波が崩れるタイミングを予測できるようになるには、何度も何度も失敗しながら
立つ練習をしてみる事です。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

サーフボードに立つ練習|うねりから波をつかまえてテイクオフ関連ページ

サーフボードが進む原理
サーフボードはなぜ進み出すのか?
サーフボードに立つビーチ練習
しっかりビーチで練習して理想のテイクオフを目指しましょう。
サーフボードに立つ練習をスープで
足が着く場所でスープに乗って立つ練習をしてみましょう。
腹ばいのままでスープに乗る練習
腹ばいのままでスープに乗る練習をしてみましょう。
うねりを使って立つ練習
うねりを使って立つ練習をしてみましょう。
テイクオフ失敗しやすい人の波の乗り方
テイクオフを失敗しやすい人の波の乗り方
横にすすむ練習
テイクオフの成功率が上がってきたら、次は横にすすむ練習をしてみましょう。
目線が大切なテイクオフ後
思うように横にすすめない人は、目線に注意してみて下さい。
プルアウトとワイプアウトの練習
サーフィンのレベルが上がってきたら、失敗した時も上手な失敗ができるようにプルアウトとワイプアウトの練習をする。
ストールとプルアウト
ストールとプルアウトを覚えて上手にライディングを終えよう