レーシック

うねりから波をつかまえてテイクオフしよう

うねりで立つ練習は十分にできたでしょうか。
うねりのタイミングがしっかり体で覚えられたら次はいよいよ波のブレイク(崩れる波)に乗ってテイクオフです。
崩れないうねりだけで練習していた時との違いは、ボードに立つ直前の水面の斜面がかなり急角度になる事です。

 

バランスも取りにくくなりますし、波の崩れる直前で立つタイミングも見なくてはいけません。
実際の乗り方ですが、今までのサーフィン練習を活かす事を忘れないで下さい。
うねりが斜面を作り出していき、テールが持ち上げられる感覚を感じたら、
おへそでしっかりとバランスを取りテール加重にします。

 

パドリングでスピードを上げて波が崩れる直前で、一瞬で立ち上がります。
大切なのは、立ち上がる前にはすでにパドリングのスピードでボードが走り出しているかと言う事です。

 

しっかりと立ち上がったら、重心をノーズ側に切り替えて波の上を走ります。

 

うねりをみて波が崩れるタイミングを予測できるようになるには、何度も何度も失敗しながら
立つ練習をしてみる事です。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る