レーシック

テイクオフができたら横にすすむ練習をしよう

テイクオフの成功率が上がってきたら、次は横にすすむ練習をしてみましょう。
横にすすめるようになるという事は、波に長く乗っていられると言う事です。
サーフィン上級者のようなロングライディングを目指して頑張りましょう。

 

テイクオフの後に横にすすむからと行って、波の乗り方は変わりません
練習通りにテイクオフして波に乗ってみましょう。その後は、進みたい方向へ顔と上体をしっかり向ける事です。

 

初心者のうちは、下半身のバランスで方向を変える必要はありません。
上体を進行方向に向けることで、下半身は自然とその方向に進めるようにバランスを取るのです。
自転車でも方向を変える時は無意識のうちに重心を傾けているのと同じ事です。

 

「ただ行きたい方向に向けば横に進む?」と思ったかもしれませんが、
不安定な波の上で姿勢を保ったまま向きを変えるのは始めは至難の技と思えるかもしれません。
姿勢は立つ練習で覚えたスタンスや重心の場所を変える必要はありませんので、
思い切って上体の向きを変えてみて下さい。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る