レーシック

レーシックが普及したワケ

「視力が上がる」と現在大変人気のあるレーシックですが、ここまで普及した理由は何でしょうか。

 

普及の理由としては、まずその「効果の高さ」が挙げられます。

 

レーシックには即効性があります。
一般的に、手術を受けた直後または翌日に視力の回復を実感することができます。
しかも手術は平均して数十分〜1時間以内という短時間で終了します。
手術を受ければすぐに視力が回復する、という点が普及を促進している理由の一つと言えます。

 

またレーシックは、どんな人でも効果が表れるという特徴があります。
近視、乱視、遠視も矯正することができます。
一部の例外はありますが、強度の近視や乱視でも視力を矯正することが可能です。
そして最近はその技術もどんどん進化しているため、角膜が薄い場合や、メガネやコンタクトでは
対応できない不正乱視の場合でも手術を受けることができ、その効果を得られるようになっています。

 

レーシックの効果の高さは、プロのスポーツ選手や著名タレントが手術を受けている人が
多いことでも実証されています。
特に水泳、ダイビング、サーフィン、またはラグビーなどの激しいスポーツなどは、
コンタクトやメガネを装着すると危険なのですが、レーシックをすることによってこうした心配が解消されます。
実際にプロ野球選手、プロゴルファー、プロテニス選手、格闘家、レーシングドライバー、
プロスキーヤーなどで手術を受けた人は非常に多いのです。

 

また、普及の理由として「価格の手頃さ」も挙げられます。
手術の平均の値段は、もちろんそれぞれの病院やクリニック、または受ける手術の種類によって異なりますが、
両目で10万〜20万くらいが目安です。
少し前は両目で50万〜100万くらい手術の料金がかかったのですが、最近はその値段も下がってきています。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る