レーシック

地方の人が手術を受けた時に起こる問題点

スーパーイントラレーシックは、品川近視クリニックが有名です。
品川近視クリニックは、知名度が高く症例数が多いことでも知られていますが、
このクリニックは地方に住む人が施術を受ける場合に交通費の補助(最大1万円)を出すという特徴もあり、
地方に住む人でも同クリニックの手術を受けやすい環境が整っています。

 

こうした制度や、その他提携ホテルに宿泊ができるというサービスもあるため、
地方から品川近視クリニックにスーパーイントラレーシックの手術を受けに来る人も多いようです。

 

ところで、地方の人がこのクリニックで手術を受けた場合に、
術後に何か問題が発生した時に起こる問題点としてはどのようなことが挙げられるでしょうか。

 

まず、金銭面から考えていきましょう。
レーシックの手術は1回の手術で完了するので、初めて手術を受ける際は
こうした交通費の補助を利用して治療を受けることができます。
しかし、術後に問題があり同じクリニックで再施術を受けなければならない時は
この交通費の補助制度は利用することはできないため、交通費がかかってしまうという問題点があります。

 

また品川近視クリニックでは、手術の後の検査については、利用者が遠方に住んでいる場合、
近くの眼科を紹介してくれます。
しかし、施術後の検診を同クリニック以外で受ける場合は検診にかかる費用は利用者が
負担しなければならないため、それも問題点として挙げられます。

 

このように、地方の人が品川近視クリニックでスーパーイントラレーシックの施術を受ける際には、
術後に何かあった場合にどのような金銭的負担がかかるのかをある程度は想定しておいたほうがよいでしょう。
そうしなければ、予想以上の出費が必要になってしまう場合も発生するので、注意が必要です。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る