サーフィン 横 ライディング

長くたくさん乗る

レーシック

サーフィンで長くたくさん乗る練習方法|脱初心者!記事一覧

サーフィンテクニックの中にアップスアンドダウンスと呼ばれるライディングテクニックがあります。アップスアンドダウンはスピードアップのためのライディングテクニックで、ボトムターンとトップターンを繰り返し行います。サーフィンでロングライディングをするためには必須のライディングテクニックですし、その他のライディングテクニックの基本になるものですから、頑張りましょう。テイクオフの後トップからボトムにドロップ...

サーフィンはスピードも魅力のスポーツですが、スピードアップするライディングテクニックばかりではなく、スピードダウンするライディングテクニックも重要です。スピードダウンすることをストールと言います。ストールはボードの進行方向後ろ側に体重をかけることにより、サーフボードの後ろが波に食い込みスピードダウンするライディングテクニックです。その他にもトップターンの途中などでボードの左右のレールを一瞬掛け替え...

カットバックとは、サーフィンのライディングテクニックの一つです。波のパワーが無くなるとサーフボードは止まってしまいます。ターンを利用して180度回転し、もう一度波のパワーが受けられる所に戻るのがカットバックというライディングテクニックです。カットバックができるようになると、今よりもロングライドができるようになります。基本的にはアップスアンドダウンで覚えた連続ターンを思い出せば良いのですが、初心者の...

カットバックとは波のパワーが受けられない場所まで進んだり波のブレイクが遅れたりした時に、もう一度ターンで切り返して波のパワーを受けられる所まで戻るライディングテクニックです。カットバックはサーフィンでロングライドを楽しむためには必須のライディングテクニックでしょう。バックサイドが苦手な人でも、フロントサイドのライディングをしていた場合はバックターンが必要です。この際バックサイドでも問題なくライディ...

カットバックはロングライドのためには欠かせないサーフィンのライディングテクニックです。しかし、いくら練習してもなかなか長く乗り継げないと言う人は、目線や肩など上体の動きを見直してみて下さい。レールワークには重心移動が必要ですが、下半身の動きをコントロールしようとすると初心者のうちはかえって失敗します。行きたい方向に目線を向けるだけで下半身はそれにならって重心移動しますし、肩を開く事で上体のコントロ...

サーフィンのライディングテクニックを覚えるためには、バックサイドについて苦手意識を克服する必要があります。カットバックやアップスアンドダウンス等の連続ターンでは必ずバックサイドのターンが必要です。このようなターンを駆使することでロングライドが可能になりますが、バックサイドでは波に背を向けるため不安になるものなので、苦手意識を持つ方が多いようです。フロントサイドでスピードアップできても、バックサイド...

バックサイドのレールワークは覚えられたでしょうか?アップス&ダウンスもバックサイドでスピードアップできるようになりましょう。基本はレールワークでバックサイドを練習した時と同じです。顔を上げて進行方向をしっかりと見ましょう。テイクオフしてスピードが乗ってきたら、腰が引けないようにしましょう。腰が引けているとボトムターンに入って失速します。スピードを乗せて波のボトムからトップに向かったら、今度は体の前...

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る