イントラレーシック メリット デメリット

イントラレーシックのメリット・デメリット

レーシック

イントラレーシックのメリット・デメリット

現在、レーシックの中でも注目を集めているイントラレーシックですが、この手術方法には
どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

ここでは、「効果」についてのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

まずはメリットについてです。
イントラレーシックの最大の特徴は、フラップを作成する際に通常のレーシックのように
「マイクロケラトーム」という器具を使用するのではなく、
「イントラレースレーザー」というレーザーを使用することです。
イントラレースレーザーはマイクロケラトームよりも薄いフラップを作成することが可能であるため、
「強度の近視などで角膜が薄く、通常のレーシックの手術が不可能だと言われた人でも手術を受けられる」
というメリットがあります。

 

また、フラップの切断面が斜めになる、またはフラップがずれてシワになることもあり、
手術の成功が医師の技量次第によるところが大きかった通常のレーシックとは対照的に、
これは全てコンピューターで制御される高精度の医療レーザーを使用しているため、
人為的ミスも少なく、均一の薄さで断面も滑らかなフラップを正確に作ることができます。

 

そしてフラップの断面が滑らかであるため「よりクリアな視界を手に入れることができる」という利点があります。

 

また、こうした精巧な機械を使うことが、
「通常のレーシックよりも手術後の平均裸眼視力が高くなる」という効果も引き出します。

 

次に、デメリットについてです。
イントラレーシックは、
「通常のレーシックと比べて、フラップの作成や接着が安定するまでの時間が若干長い」というデメリットがあります。
つまり手術時間が長くなってしまうのです。
とは言っても、大幅に時間がかかるわけではなく、術後の効果の高さから考えると
十分許容範囲だと考える人も多いようです。

 

このように、イントラレーシックには効果や時間についてのメリット・デメリットがありますが、
デメリットについてはそこまで大きくマイナスになる点ではないと言えます。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る