レーシック

レーシックの種類

レーシックは、様々な種類の治療方法があります。
それぞれの種類ごとに特徴がありますので、自分に適した治療方法を選択することが大切です。

 

ここでは、代表的な治療方法についてのそれぞれの特徴をお話します。

 

まず、「レーシック」があります。
この手術の特徴は、角膜の一部をめくってフラップを作成する際に、
「マイクロケラトーム」という金属製のカンナのような医療機器を使うという点です。
マイクロケラトームを使用したこの手術方法は、目の痛みも少なく、回復が早いというメリットがあります。
しかし、手術の精度が執刀する医師の技量によるところが大きい、角膜に直接触れるので
目に負担がかかったり、機器の滅菌処理不足によって感染症になるリスクがあったりというデメリットもあります。

 

次に、「イントラレーシック」があります。
この治療法の特徴は、フラップを作成する際に、
器具を使用せず高精度の「イントラレースレザー」というレーザーを使用することです。
高性能のレーザーを使用するため、薄いフラップを作成することが可能であり、
強度の近視で角膜が薄い人にも向いている治療法です。

 

また、「PRK」というレーシックもあります。
この手術の特徴はフラップを作成しない、という点です。
PRKではエキシマレーザーで角膜上皮を取り除き、屈折率の調整を行います。
フラップを作成しないため、角膜が薄くて通常の手術を受けられない人、ボクシングなどの
激しいスポーツを行う人などに適していますが、視力が回復するまでに時間がかかってしまう、
術後の痛みが強いというデメリットもあります。

 

その他、「iLasic」(アイレーシック)という治療方法もあります。
これは従来の治療法とは異なり、患者一人一人の角膜の状態に合わせて施術を行うものです。
高度で安全な手術であると評価され、視力の回復力も高いのですが、機材が高いので
これを行っている病院が少ない、手術費用が高いといったデメリットもあります。

 

このように、治療方法には様々な種類がありますので、病院を選ぶ時に参考にするとよいでしょう。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る