レーシック

サーフィンの基本のパドリングの悪い例

パドリングはサーフィンの基本です。パドリングを練習する時は、
常に基本フォームを保つことに意識を向けて悪い癖をつけないようにしたいものです。

 

パドリングの悪い例について考えてみましょう。
まずはボードに腹ばいになった時に、上体が反らずに全身がボードにべったりよりかかってしまっている状態です。
これだと、腕の力のみで前に進まねばならず、不要な力を使ってしまうばかりか視野が狭くなるので
波を読む事ができません。
また、他にサーフィンをしている人がいるのに目に入らなくなるため衝突の危険があります。

 

上体をしっかり反らしていても、おへそより下に重心がかかっているフォームも悪い例です。
サーフボードのノーズが浮いてしまい、水の抵抗が大きくなります。
膝から下の動きも制限されて、バランスを取りにくくなります。
足の開き過ぎてもよくある悪い例です。

 

正しいパドリングの基本フォームは、体の中心とボードの中心がほぼ一致している状態です。
パドリングの上達はサーフィン上達の近道とも言われますのでしっかり身につけたいものです。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る