レーシック

サーフィンのサーフボードはなぜ進み出すのか?

サーフィンのサーフボードはなぜ水面を進み出す事ができるのでしょうか?
体感して覚える事が大切ですが、原理を知っているかいないかでも上達具合は違ってきます。

 

サーフィンで「滑る」というのはスキーの「滑る」とはやや違うのです。
水面に浮いたサーフボードをパドリングで動き出すと、
ノーズは水を押しのけて水の山(造波抵抗と言います)を作るためテールが沈み気味になります。

 

パドリングをして前に向かう力を生み出すことで、サーフボードのノーズは常に水の山を
超えようとしている状態で水面を進めるのです。
ですからノーズを沈めればサーフボードは進めません。
水泳の時にビート板の先端を浮かせて泳ぐように教わった事を思い出して下さい。

 

テイクオフの時の滑走はまた違います。今度は水面に石を投げて水切りさせることを思い出して下さい。
サーフボードが一定の速度を持つことで、水面を「切って」滑るように進んでいけるのです。
このためにはパドリングでしっかりと速度をつける事が重要になります。

 

理論を学んでサーフィンに活かすことも大切です。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る