スーパーイントラレーシックの手術法

スーパーイントラレーシックの手術法

レーシック

スーパーイントラレーシックの手術法

スーパーイントラレーシックの手術法とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは、スーパーイントラレーシックで有名な品川近視クリニックの手術法を具体的に見ていきましょう。

 

手術は、完全に除菌され、空気清浄度が管理されたクリーンルームで行われます。
これは、手術に使用されるエキシマレーザー装置が精密機械だからです。
こうすることによって、機械の精度を保ち、術後の感染症を防止することができます。

 

手術をする前に、点眼薬による麻酔を行います。
この麻酔をすることにより、手術中の痛みを軽減することができます。

 

次にイントラレーザー室へと移動し、「イントラレースレーザー」を照射し、フラップを作成します。
この手術では、通常のレーシックとは違い、フラップを作成する際に「マイクロケラトーム」
という器具を使用しないことが特徴です。
マイクロケラトームは金属製のカンナのような器具で、これを使って角膜の一部を薄くめくるのですが、
スーパーイントラレーシックでは「イントラレースレーザー」というレーザーを使用します。
イントラレースレーザーを使用することによって、マイクロケラトームのように角膜に直接触れることなく、
フラップを作成することができます。
ここで使用されるレーザーは米AMO社の「イントラレースFS60レーザー」です。
スーパーイントラレーシックはイントラレーシックとは違い、より精度の高いこのレーザーを使用します。

 

次にエキシマレーザー室へ移動し、フラップを開き、エキシマレーザーを照射して屈折率の調整を行います。
屈折の矯正が終了したら、フラップを元に戻し、点眼をして手術が終了します。

 

このように、スーパーイントラレーシックの手術法は以上のような流れで行われます。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る