レーシック

波待ちの方法とテクニック

サーフィンを始めてパドリングも上達し、いくつかの波を超えてゲッティングアウトもできれば、
次はいよいよテイクオフです。
と、言葉で言うのは簡単ですが、テイクオフのためには次は沖で波を待たなければいけません。

 

「波待ち」と言われる状態で、サーフボードの上に座って待ちます。
他のサーファーを見ていると、簡単にサーフボードに腰かけているように思いますが、
いざやってみようとすると初心者のうちはひっくり返ったり格好の悪い座り方になってしまったりします。

 

どんな方法で座っているのでしょうか。特に決まりはありませんが、背筋を伸ばして顔を上げます。
位置はボードの中央に座り、足と手と上体をバラバラに使う事でバランスをとります。

 

常に体を柔軟にして、急な方向転換に対応したり無駄に力が入ったりして疲労するのを防ぐため、
「リラックス」が波待ちの重要なテクニックになります。

 

どこがサーフボードの中央なのかは、波待ちに何度も挑戦して体で覚えられるように頑張りましょう。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る