レーシック

レーシック後の目のケア

レーシックの手術を受けた直後は、目が大変デリケートな状態になっています。
感染症や合併症など思わぬトラブルを起こさないためにも、きちんと目のケアをすることが大切です。

 

レーシックの手術を受けると、医師から点眼薬を処方されます。
これは、感染症を予防したり、手術後になりやすいドライアイを解消したりするための目薬です。
場合によっては数種類処方され、手術当日から数日間は決められた間隔ごとに点眼をすることになります。
必ず医師の指示通りに点眼薬を使用することが重要です。
市販の目薬は大抵手術の1週間後から使用ができると言われています。
ただし、目を洗浄するタイプの洗眼剤は手術後1ヶ月は使用を控えるようにしましょう。

 

また女性の場合、目の周り以外のメイクはレーシック直後も可能ですが、アイメイクは手術直後は避けましょう。
手術を受けて3日目からアイメイクは可能ですが、手術後1週間は控えめにつけるようにしましょう。

 

また、手術のあと数日間は目を触ったりこすったりしないようにしましょう。
手術直後は角膜のフラップが安定していないため、目をこするなど衝撃を与えることによって
フラップがずれたり傷つけたりしてしまう危険性があるからです。

 

また、術後は目を酷使することは避けましょう。
この時期に目を使いすぎてしまうことによって、視力が下がってしまうことがありますので、
注意が必要です。

 

このように、レーシックの直後は目のケアについていくつかの注意点があります。
せっかく手術が成功したのに、その後の目のケアでトラブルを起こしてしまわないように、
注意事項を守りましょう。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る