レーシック

ボードの上に立つ|サーフィン|テイクオフ|ライディング方法記事一覧

サーフィンのサーフボードはなぜ水面を進み出す事ができるのでしょうか?体感して覚える事が大切ですが、原理を知っているかいないかでも上達具合は違ってきます。サーフィンで「滑る」というのはスキーの「滑る」とはやや違うのです。水面に浮いたサーフボードをパドリングで動き出すと、ノーズは水を押しのけて水の山(造波抵抗と言います)を作るためテールが沈み気味になります。パドリングをして前に向かう力を生み出すことで...

サーフボードに難なく立てるようになれば、サーフィンのレベルはかなり上がったと言えるでしょう。難関のサーフボードの乗り方はいきなり沖で立つ練習をするのではなく、しっかりビーチで練習して理想のテイクオフを目指しましょう。大切なことは、パドリングから立ち上がる一連の動きで常に重心を失わない事です。体勢は変化しますが重心はつねにボードのセンターに乗るようにします。パドリングの姿勢から、両手を胸の脇に置き一...

ビーチでサーフボードに立つ練習を十分行ったら、次は足が着く場所でスープに乗って立つ練習をしてみましょう。うねりでのテイクオフは初心者には難しいので、スープに乗ってスピードや波に押される感覚を練習します。ここまでくると、いよいよサーフィンらしい感覚を体験することができます。乗り方はまず、ボードに腹ばいになります。スープのタイミングをしっかりと見て、パドリングを始めます。スープに乗った瞬間、テールが持...

ビーチでサーフボードの上に立つ練習は十分やっているのに、足のつく場所でスープに乗ろうとすると全く立てないという方もいるかと思います。そんなときは腹ばいのままでスープに乗る練習をしてみましょう。サーフボードに立つばかりがサーフィンではないのです。乗り方はスープで立つ練習をする時と同じく、岸に向かって腹ばいでスープを待ちます。立たずに腹ばいのままスープの流れに乗るわけですが、この練習で覚えることは「バ...

スープライディングで波に押される感覚やスピードを覚えたら、うねりを使って立つ練習をしてみましょう。うねりの上に立つ時に大事な事は、とにかくタイミングを見極めるということに尽きます。ここでの練習はうねりに合わせたパドリングを行う事と、立ち上がるタイミングをうねりに合わせることを覚えます。これができれば、実際のブレイク(崩れた波)のテイクオフも目前です。乗り方は、スープに乗った時と同じように岸に向かっ...

うねりで立つ練習は十分にできたでしょうか。うねりのタイミングがしっかり体で覚えられたら次はいよいよ波のブレイク(崩れる波)に乗ってテイクオフです。崩れないうねりだけで練習していた時との違いは、ボードに立つ直前の水面の斜面がかなり急角度になる事です。バランスも取りにくくなりますし、波の崩れる直前で立つタイミングも見なくてはいけません。実際の乗り方ですが、今までのサーフィン練習を活かす事を忘れないで下...

サーフィンは波の上を滑るスポーツですが、波の上に立てるようになるまでにもたくさん乗り方の練習や勉強をしてきた事と思います。うねりで立つ練習を繰り返してやっとバランスもとれるようになってきたのに、なぜか波に乗り遅れてしまったりパーリング(ボードのノーズが海面に突き刺さること)してしまったりしていませんか?初心者でよく起こりがちなテイクオフを失敗する理由を考えてみましょう。一番多いのはおそらくパドリン...

テイクオフの成功率が上がってきたら、次は横にすすむ練習をしてみましょう。横にすすめるようになるという事は、波に長く乗っていられると言う事です。サーフィン上級者のようなロングライディングを目指して頑張りましょう。テイクオフの後に横にすすむからと行って、波の乗り方は変わりません練習通りにテイクオフして波に乗ってみましょう。その後は、進みたい方向へ顔と上体をしっかり向ける事です。初心者のうちは、下半身の...

テイクオフから波を横にすすむ練習は順調でしょうか?少し横にすすめるようになるだけで、サーフィンが断然面白くなってきていると思います。思うように横にすすめない人は、目線に注意してみて下さい。目線を向けるということは、上体が進行方向に自然と向くと言う事です。下半身もそれにつられて重心移動を行います。立つ練習で覚えた重心の取り方はそのまま行っていても、目線を変えると方向転換のためにバランスを取りながら重...

サーフィンのレベルが上がってきたら、失敗した時も上手な失敗ができるように練習しましょう。意識的にライディングをやめることをプルアウト、ボードから落ちてしまってやめることをワイプアウトと言いますが、ワイプアウトはただ落ちれば良いものではありません。海に落ちた後、ボードも一緒に波に巻き込まれれば大怪我をします。上手な失敗の仕方を覚えて安全にサーフィンを楽しみましょう。ワイプアウトのコツは、自分とボード...

サーフィンの大会を見学すると、上級者はライディングを終える時もスマートでカッコいい事に気付くでしょう。ワイプアウトで終わる事はボードに巻き込まれる危険もあると言うことなので、プルアウトでライディングを終える事も練習しましょう。比較的簡単な方法としてはストールと言って、ボードのテールよりに重心移動する事により減速するテクニックがあります。減速したら波をやり過ごすだけです。ストールで重心移動する際には...

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る