ICL 耐久性|

ICLのレンズは一生使える?

レーシックの疑問や不安にお答えします

 

あの有名選手も受けた!神戸神奈川アイクリニック レーシック体験談

 

最近は、視力回復手術を希望される方のなかでも レーシック以上に、ICL(アイシーエル)の人気が高まっています。

 

ICLは眼の中に小さなレンズを挿入し、近視や遠視、乱視を矯正する治療法で、 「元に戻せる点」と「質の高い見え方」が特徴です。

 

ICLのレンズは高い耐久性を誇り、手術後の拒絶反応が起きにくいことに加え、 基本的には交換の必要はないため、『眼内永久コンタクトレンズ』とも呼ばれています。

 

レンズの取り外しも比較的容易にできることから、 将来的に白内障の手術が必要になった場合や、予期せぬトラブルが起きた場合にも 柔軟に対応することができます。

 

ただし、眼の状態によっては適応しないケースもありうるので、まずは無料の適応検査を受けることをおすすめいたします。

 

ご興味のある方は、ぜひ無料説明会にお申込みください。

 

レーシックの疑問や不安にお答えします

 

あの有名選手も受けた!神戸神奈川アイクリニック レーシック体験談

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!