バックサイド サーフィン

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

バックサイドでのアップス&ダウンスでロングライドを目指す

バックサイドのレールワークは覚えられたでしょうか?
アップス&ダウンスもバックサイドでスピードアップできるようになりましょう。

 

基本はレールワークでバックサイドを練習した時と同じです。顔を上げて進行方向をしっかりと見ましょう。

 

テイクオフしてスピードが乗ってきたら、腰が引けないようにしましょう。
腰が引けているとボトムターンに入って失速します。

 

スピードを乗せて波のボトムからトップに向かったら、今度は体の前側への体重移動で
トップターンを行うのでフロントサイドの時より楽だと思います。
しかし、次のボトムターンはフルスピードな上、背中側へのターンなので上体が力みがちになります。
無駄な力は入れないようにして、膝の柔軟な動きに集中しましょう。

 

アップス&ダウンスのどのタイミングでも、バックサイドでは顔が進行方向を
しっかり向いているかがポイントになります。
サーフィンではどんな波でも乗りこなせるようになるのが理想です。
バックサイドでのライディングテクニックを増やしてロングライドを目指しましょう。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

バックサイドでのアップス&ダウンスでロングライドを目指す関連ページ

アップス&ダウンス
アップス&ダウンズをマスターする
ストール
ストールはスピードダウンライディングテクニック
カットバック@
今よりもロングライドができるようになります。
カットバックA
ロングライドを楽しむためには必須のライディングテクニック
カットバックでロングライド
カットバックを上達させてさらにロングライドを目指す
バックサイドを克服する練習方法
ロングライドのためにバックサイドの苦手意識をなくす