レーシック

乱視でもレーシックはできる?

レーシックが近視の矯正に非常に効果が高いことは知られていますが、乱視の治療も可能なのでしょうか。

 

結論から言えば、レーシックで矯正をすることが可能です。

 

以前は、複雑な症状の場合はレーシックで治療をすることはできなかったのですが、
医療技術の進歩によって複雑な症状でも治療ができるようになりました。
実際に、その治療に訪れる人も多いようです。

 

この症状は大きく2つに分けられ、その1つである「正乱視」は、角膜または水晶体の
対称的な歪みによって生じるものです。

 

また、「不正乱視」は、角膜の表面がでこぼこになったために起こる症状です。
角膜の病気や外傷などが原因となることが多いようです。

 

特に不正乱視については、軽度であればメガネで矯正することが可能ですが、
強度の場合はメガネでは矯正ができず、コンタクトで矯正しなければなりません。
そしてコンタクトでも十分に矯正することが出来ない場合は、
レーシックの手術を受けることによって治療をすることができます。

 

また、乱視だけではなく、近視や遠視の症状も持っている場合も多いようです。
いくつかの症状を合わせ持っている場合、レーシックの手術では1度の手術でその両方を矯正することができます。

 

ただし、場合によっては手術を受けられない場合もあるので、各病院・クリニックの
事前検査を受けて治療ができるかどうかを確認してみると良いでしょう。

 

この治療で有名なクリニックは、品川近視クリニック、神奈川クリニック、錦糸眼科、
神戸クリニックなどがあります。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る