レーシック

中高年でもレーシックは可能?

現在、レーシックはその安全性と効果の高さに注目が集まり、幅広い年齢の人が手術を受けています。

 

そこで、「中高年でもレーシックを受けられるのだろうか?」という疑問を感じる人もいるでしょう。
中高年、つまり40代〜50代の人は手術を受けてその効果を得ることができるのでしょうか。

 

結論から言えば、中高年でも手術を受けることによってその効果を実感することは可能です。
実際にその年齢の人で手術を受けている人もたくさんいます。

 

しかし、40代〜50代になると老眼の症状が出てくる人もいます。
この症状は、加齢によって眼の焦点を合わせる水晶体の弾力が衰え、
調節がうまくいかなくなることによって近くが見えにくくなる現象です。
注意すべき点は、この症状に関してはレーシックでは治療ができないという点です。
レーシックは屈折率を矯正する効果はあっても、老化による水晶体の機能や弾力の低下を
回復させる効果はないからです。

 

つまり、中高年で老眼の症状があるが、近視の症状が強い場合などには手術の効果はありますが、
老眼の治療としては効果がありません。
ただし、近視の人で老眼の症状もある場合は、レーシックを受けたことで、
遠くは手術前よりもよく見えるようになりますが、手術を受ける前と比べて
近くが見えづらくなるという人もいるようです。
この場合は、近視を治す方がメリットが大きいのか、老眼の症状を早く自覚するのは
避けたいのかをよく考えて手術を受けるようにしましょう。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る