サーフィン 視力矯正

レーシックやICLに向いているのはどんな人?

 

レーシックなどの視力回復手術は、遠視や近視にお悩みでドライアイや見た目の問題からメガネやコンタクトレンズを使いたくない方や視力の悪化によって肩こりや眼精疲労に悩んでいる方に適しています。

 

しかし、次のような例に当てはまる方はレーシック手術を受けられない可能性があります。

  • 20歳未満で、まだ視力が不安定な方
  • 妊娠授乳中の方
  • 近視度数に対して角膜が薄い方、角膜形状不正の方
  • 白内障や緑内障、網膜剥離などの眼疾患をお持ちの方
  • 糖尿病や肝炎などの内科的疾患をお持ちの方

ただし上記に当てはまる方でも、適応検査の結果に問題がなければ、手術を受けることができます。

 

レーシック手術を受けられない人も、神戸神奈川アイクリニックの適応検査の結果に問題がなければ、手術を受けることができます。

 

視力回復手術を受ける前に受ける、『適応検査』では、約10項目の検査結果をもとに、安全に手術を受けられるかを医師が診断します。

 

手術を受けるかどうかは、適応検査後にゆっくりご検討いただけます。

 

【適応検査(無料) 】お申し込みはコチラ

メガネやコンタクトなしで、よく見える!?

ICL(アイシーエル)

レーシック手術に適さない方や角膜を削ることに抵抗がある方には、「ICL(アイシーエル)」という視力回復手術をおすすめします。

 

小さなレンズを眼の中に挿入して、近視や遠視、乱視を矯正する治療法です。

 

ICLレーシックに比べて、より見え方の質にこだわることができるため、近年人気が集まっています。ご興味のある方は、ぜひ説明会にご参加ください。

 

アイレーシックとは?【ICLについて詳しく 】はコチラ

レーシックの疑問や不安にお答えします

レーシック手術できない人も適応検査で可能に?|神戸神奈川アイクリニック記事一覧

ICL(アイシーエル)耐久性|眼内永久コンタクトレンズ|神戸神奈川アイクリニック

あの有名選手も受けた!神戸神奈川アイクリニック レーシック体験談最近は、視力回復手術を希望される方のなかでも レーシック以上に、ICL(アイシーエル)の人気が高まっています。ICLは眼の中に小さなレンズを挿入し、近視や遠視、乱視を矯正する治療法で、 「元に戻せる点」と「質の高い見え方」が特徴です。I...

≫続きを読む

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!