レーシック

イントラレーシックの手術の流れ

レーシックには様々な種類の施術方法があります。
その中で代表的なのが「イントラレーシック」です。
では、このイントラレーシックとはどのような治療方法なのでしょうか。
実際に手術の流れを見ていきましょう。

 

まず手術を始める前に、点眼薬によって麻酔を行います。
この麻酔によって、施術時に痛みを感じることはほとんどありません。

 

次に、「イントラレーザー」という高精度なレーザーを使用して、角膜の一部をめくります。
このめくられた部分を「フラップ」と言います。

 

通常のレーシックとイントラレーシックとの違いは、このフラップの作成の方法です。
通常の手術の場合は、レーザーではなく「マイクロケラトーム」という
金属製のカンナのような器具でフラップを作成します。
しかしこの手術では器具ではなくレーザーを使用するため、角膜に直接触れることなく施術を行います。
ちなみに、「イントラレーザー」は高精度の医療用レーザーで、全てコンピューターで制御され、
マイクロケラトームよりも高精度で、かつ衛生面でも安全に手術を行うことができます。

 

そしてフラップを作成すると、そのフラップをめくった状態で目にレーザーを照射し、
屈折率を調整します。
ここで照射されるレーザーは「エキシマレーザー」と呼ばれるもので、
角膜にほとんど熱を与えることなく切開・切除を行うことのできる特殊なレーザーです。

 

エキシマレーザーによって屈折矯正が行われた後は、フラップを元に戻し、
感染症を防止するための抗生剤を点眼して、手術は終了です。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る