テイクオフ 失敗

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

テイクオフを失敗しやすい人の波の乗り方

サーフィンは波の上を滑るスポーツですが、波の上に立てるようになるまでにも
たくさん乗り方の練習や勉強をしてきた事と思います。
うねりで立つ練習を繰り返してやっとバランスもとれるようになってきたのに、
なぜか波に乗り遅れてしまったりパーリング(ボードのノーズが海面に突き刺さること)してしまったり
していませんか?

 

初心者でよく起こりがちなテイクオフを失敗する理由を考えてみましょう。
一番多いのはおそらくパドリングをやめるタイミングが速すぎるということです。

 

テールが持ち上がってからの仕上げのパドリングはわずか1〜2かきですが、
それができないだけで波に乗り遅れるのです。

 

乗り遅れて悪いバランスのままで立ちあがろうとすると、
今度はテールが押し上げられてパーリングしてしまいます。
テールの感覚が掴めないうちは、いつもより多めにパドリングしてみるなど工夫してみましょう。

 

パドリングを最後まで行ったらあとは角度を波に合わせて走らせます。
波に合わせたパドリングができるようになると立ち上がるタイミングもあってきますので、
テイクオフの精度があがってきます。サーフィン上級者のテイクオフを参考にするのも良い勉強です。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

じゃらん

全国フェリー予約【スカイチケットフェリー】

テイクオフを失敗しやすい人の波の乗り方|サーフィン辞典関連ページ

サーフボードが進む原理
サーフボードはなぜ進み出すのか?
サーフボードに立つビーチ練習
しっかりビーチで練習して理想のテイクオフを目指しましょう。
サーフボードに立つ練習をスープで
足が着く場所でスープに乗って立つ練習をしてみましょう。
腹ばいのままでスープに乗る練習
腹ばいのままでスープに乗る練習をしてみましょう。
うねりを使って立つ練習
うねりを使って立つ練習をしてみましょう。
ブレイクに乗ってテイクオフ
波のブレイク(崩れる波)に乗ってテイクオフです。
横にすすむ練習
テイクオフの成功率が上がってきたら、次は横にすすむ練習をしてみましょう。
目線が大切なテイクオフ後
思うように横にすすめない人は、目線に注意してみて下さい。
プルアウトとワイプアウトの練習
サーフィンのレベルが上がってきたら、失敗した時も上手な失敗ができるようにプルアウトとワイプアウトの練習をする。
ストールとプルアウト
ストールとプルアウトを覚えて上手にライディングを終えよう