レーシック

レーシックの手術内容

レーシックの手術内容はどのようなものなのでしょうか。

 

一口にレーシックと言っても、様々な種類のものがあり、それぞれ手術内容も異なります。
ここでは、一般的な手術と「イントラレーシック」という治療の手術内容をご紹介しましょう。

 

一般の「レーシック」は、まず「マイクロケラトーム」という器具を使って角膜の一部を薄くめくります。
このめくられた部分は「フラップ」と呼ばれます。
そしてこのフラップをめくった状態で目にレーザーを照射し、屈折率を調整します。
屈折矯正が終わると、フラップが元に戻され、手術が終了します。
ちなみに「マイクロケラトーム」とは、金属製のカンナのようなもので、角膜の表面を薄く切開して
フラップを作る電動メスのことです。
このマイクロケラトームの刃は1回の施術ごとに使い捨てされます。

 

次に「イントラレーシック」の場合ですが、これが通常の手術と大きく異なる点は、
角膜にフラップを作成する際に、マイクロケラトームという「器具」ではなく
イントラレーザーという高精度な「レーザー」を使用するという点です。

 

フラップを作成した後は通常の手術と同じで、レーザーを照射して屈折矯正を行い、手術は終了です。
ちなみに、イントラレーザーは高精度の医療用レーザーで、全てコンピューターで制御され、
マイクロケラトームよりも高精度で衛生面でも安全に手術が行えると人気が高まっています。

 

また、どちらの場合も手術の前に点眼薬によって麻酔を行います。
この麻酔のため、手術の間に痛みを感じることはほとんどありません。

 

そして、フラップを角膜に戻した後は、抗生剤を点眼します。
これは、感染症を防止するために行われるものです。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る