レーシック

レーシックのリスク

レーシックは非常に安全性が高い手術なのですが、どのような手術であっても失敗、
重大なトラブルなどのリスクはつきものなので、そうしたことを十分理解し納得した上で
施術を受けるようにしましょう。

 

考えられるリスクとしては、まず「失明」が挙げられます。
レーシックの手術を受けようとする人なら誰でも「手術が失敗して失明することはないのか?」
と考えることでしょう。
しかし現在、日本だけでなく世界においても、レーシックの手術で失明をしたという事例は報告されていません。
レーシックは、最先端の技術によって安全・正確に行われるため、失明の危険性は極めて少ないと言えます。

 

次に、手術のリスクとしては手術の「失敗」が考えられます。
失敗のケースとしては、視力が回復しない、術後に視力が落ちてしまう、手術時のミスなどが考えられます。
「視力が回復しない」ことについてですが、手術前には適応検査を行い、強度の近視や
角膜が薄い場合など効果が薄い場合にはその旨を説明されるはずですので、
全く視力が上がらないという可能性は低いと言えます。

 

また、「術後に視力が落ちる」という件については、ほとんどの場合は手術を受けて視力が
回復した場合には視力が戻ることはないのですが、近視が進行中である場合や
患者によっては視力が落ちる可能性もあります。

 

また、「手術時のミス」も考えられます。実際に訴訟になったケースもあります。
具体的には、手術に慣れていない医師が施術を行ったことによってフラップの作成に失敗し、
さらには消毒を怠ったことによって合併症を引き起こし、後遺症が残ったという事例がありました。
この訴訟では、患者側が勝訴しています。

 

このように、レーシックの手術は失明の危険性は極めて低いものの、失敗などのリスクが
全くないわけではありません。
クチコミなどで評判のいい信頼できる病院やクリニックで施術を受けた方が、
こうしたリスクを少なくすることができます。

 

 

 

 

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る