サーフィン パドリング

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

サーフィン,基本,パドリング,陸練習,波,サーフボード,上体,視野,パドル,

サーフィンは波に乗るのが目的ですが、うまく波に乗れるようになるためには陸練習も欠かせません。
特に海に漕ぎだすためのパドリングはサーフィンの基本中の基本ですが、
パドリング技術がしっかり身についているかどうかで、その後の上達が全然違ってきます。
地味な基本練習ですが、おろそかにせずにしっかりと陸練習しましょう。

 

パドリングとは簡単に言うと、サーフボードに腹ばいになって、
上体を反らせてクロールの要領で手と腕で水を漕いで前に進むということです。

 

陸練習の時もサーフボードに腹ばいになります。
上体を反らせるためにお腹と腿で体を支えます。
この時に顔はしっかりと前を向くように意識しましょう。
広い視野を確保してバランスを取りやすくするためです。

 

クロールの様に両腕を交互にパドルをして行きます。
この時に余分な力を抜いて、両腕とも同じ力でパドルできるようになりましょう。
ストロークはゆっくりとリズミカルに行います。

 

自分ではなかなかわかりにくいものですがサーフィンに大切な技術なので、
仲間同士で姿勢をチェックし合うなどしてパドリングを練習しましょう。


【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

サーフィン基本|パドリング陸練習|正しい姿勢|正しいフォーム関連ページ

パドリングの海練習
サーフィンの基本のパドリングを海練習してみましょう。
パドリングの悪い例
サーフィンの基本のパドリングの悪い例について考えてみます。
ゲッティングアウトのタイミングは?
パドリングで沖に出ることをゲッティングアウトと言いますが、そのタイミングについて
ゲッティングアウトのカレント利用法
潮の流れ(カレント)を読んで楽に沖に向かう方法。
波のやり過ごし方(足がつく場所)
足の着く所でスープやうねりを飛び越える方法
プッシングスルーとは?
ゲッティングアウト時に、波が小さい時にはプッシングスルーを選んで下さい。
ローリングスルーとは?
大きな波の超え方のローリングスルーも覚えましょう。
ドルフィンスルーとは?
ドルフィンスルーはショートボード向きです。
ゲッティングアウトのマスター方法
ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法
波の待ち方とテクニック
テイクオフの前の沖での波の待ち方とテクニックについて説明しています。