レーシック

レーシックの基礎記事一覧

今、レーシックが大変注目を集めています。パソコン、スマートフォン、携帯電話、ゲーム機などの普及により、私達の生活は目を酷使する機会が飛躍的に増え、それと同時に視力の低下や眼精疲労に悩む人が増えています。会社や学校で視力検査をするたびに視力が落ちていて、何度もメガネやコンタクトの度数を強くした経験があるという人も多いのではないでしょうか。そして、視力の低下に悩む人なら一度は「レーシック」という言葉を...

近視、遠視、乱視など目の悩みを抱える人は非常に多いのですが、そうした人から今、大変注目が集まっているのがレーシックです。「レーシックで目が良くなる」と言われていますが、ではなぜレーシックで視力を上げることができるのでしょうか。そもそも人間の目は、瞳孔から光が入り、その光が角膜と水晶体で屈折し、目の後部にある網膜で焦点を結ぶことによって映像を映し出すことができます。正常な目であれば、目に入った光は網...

レーシックの手術内容はどのようなものなのでしょうか。一口にレーシックと言っても、様々な種類のものがあり、それぞれ手術内容も異なります。ここでは、一般的な手術と「イントラレーシック」という治療の手術内容をご紹介しましょう。一般の「レーシック」は、まず「マイクロケラトーム」という器具を使って角膜の一部を薄くめくります。このめくられた部分は「フラップ」と呼ばれます。そしてこのフラップをめくった状態で目に...

「視力が上がる」と現在大変人気のあるレーシックですが、ここまで普及した理由は何でしょうか。普及の理由としては、まずその「効果の高さ」が挙げられます。レーシックには即効性があります。一般的に、手術を受けた直後または翌日に視力の回復を実感することができます。しかも手術は平均して数十分〜1時間以内という短時間で終了します。手術を受ければすぐに視力が回復する、という点が普及を促進している理由の一つと言えま...

コンタクトをしている人で、レーシックの手術を受けようか迷っている人は多いでしょう。そして特に気になるのが費用の点です。この両者ではかかる費用はどのように異なるのでしょうか。ここでは、初期費用やメンテナンスにかかる料金についての費用比較をしていきましょう。まずはレーシックです。手術を受ける場合の値段は、もちろんそれぞれの病院やクリニック、または受ける手術の種類によって異なりますが、両目で10万〜20...

レーシックには様々な種類の施術方法があります。その中で代表的なのが「イントラレーシック」です。では、このイントラレーシックとはどのような治療方法なのでしょうか。実際に手術の流れを見ていきましょう。まず手術を始める前に、点眼薬によって麻酔を行います。この麻酔によって、施術時に痛みを感じることはほとんどありません。次に、「イントラレーザー」という高精度なレーザーを使用して、角膜の一部をめくります。この...

現在、レーシックの中でも注目を集めているイントラレーシックですが、この手術方法にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは、「効果」についてのメリット・デメリットを見ていきましょう。まずはメリットについてです。イントラレーシックの最大の特徴は、フラップを作成する際に通常のレーシックのように「マイクロケラトーム」という器具を使用するのではなく、「イントラレースレーザー」というレーザ...

レーシックにはいくつかの種類の治療方法がありますが、ここでは「エピレーシック」についてお話します。エピレーシックではどのような手術方法で治療を行うのでしょうか。実際の手術の流れを見ていきましょう。まず手術前に、点眼薬によって麻酔を行います。この麻酔によって、施術時の痛みを軽減することができます。次に、「エピケラトーム」という医療器具を使って角膜の一部を薄くめくり、「フラップ」を作成します。通常のレ...

レーシックとしてはまだ新しいエピレーシックですが、この治療方法にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは「効果」の面に注目してそのメリット・デメリットを見ていきましょう。まずは、メリットについてです。エピレーシックは「強度の近視や乱視などで角膜が薄い場合でも手術をすることが可能になる」というメリットがあります。これは、フラップを作成する際に、通常のレーシックであれば「マイクロケ...

「スーパーイントラレーシック」は、品川近視クリニックが施術を行っていることで有名なレーシックです。「スーパーイントラレーシック」と「イントラレーシック」の違いは、フラップを作成する際に使用する機器が違うという点です。使用される機器は「イントラレースFS60レーザー」で、イントラレーシックで使われる「イントラレースFSレーザー」よりも高性能で、安全かつ正確にフラップを作成することが出来ます。スーパー...

スーパーイントラレーシックは、フラップを作成する際に、「イントラレースFS60レーザー」という高精度の機器を使用するため、従来のイントラレーシックよりも角膜切開面の溶融、周囲組織への侵襲がなく、合併症の発症が軽減されているのですが、それでもまれにレーシックの合併症が起こるという問題点があります。具体的には「DLK炎症(層間角膜炎)」という合併症があります。これは、フラップと角膜実質層の間で起こる炎...

スーパーイントラレーシックは、品川近視クリニックが有名です。品川近視クリニックは、知名度が高く症例数が多いことでも知られていますが、このクリニックは地方に住む人が施術を受ける場合に交通費の補助(最大1万円)を出すという特徴もあり、地方に住む人でも同クリニックの手術を受けやすい環境が整っています。こうした制度や、その他提携ホテルに宿泊ができるというサービスもあるため、地方から品川近視クリニックにスー...

現在注目が集まっているスーパーイントラレーシックですが、どのような点がレーシックと比べて優位なのでしょうか。その優位な点を「効果」の面から見ていきましょう。まず、スーパーイントラレーシックは「通常の手術よりも術後の平均裸眼視力が高くなる」、「よりクリアな視界を手に入れることができる」という点があります。これは、この手術は通常の手術で使用される「マイクロケラトーム」という器具ではなく、高精度の医療レ...

スーパーイントラレーシックの手術法とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、スーパーイントラレーシックで有名な品川近視クリニックの手術法を具体的に見ていきましょう。手術は、完全に除菌され、空気清浄度が管理されたクリーンルームで行われます。これは、手術に使用されるエキシマレーザー装置が精密機械だからです。こうすることによって、機械の精度を保ち、術後の感染症を防止することができます。手術をする前に、...

レーシックは非常に安全性が高い手術なのですが、どのような手術であっても失敗、重大なトラブルなどのリスクはつきものなので、そうしたことを十分理解し納得した上で施術を受けるようにしましょう。考えられるリスクとしては、まず「失明」が挙げられます。レーシックの手術を受けようとする人なら誰でも「手術が失敗して失明することはないのか?」と考えることでしょう。しかし現在、日本だけでなく世界においても、レーシック...

レーシックの病院は非常にたくさんあり、どれを選べばよいか迷ってしまうことでしょう。ここでは、良い病院の選び方のポイントをお話します。レーシックの病院を選ぶ時は、まず「症例数」に注目しましょう。症例数とは、手術件数のことを示します。各クリニックのホームページを見ると、大抵「累積症例数〜万件」などと掲載しています。症例数が多いということは、病院またはそこに在籍する医師に豊富な経験があり、多くの患者に支...

レーシックの価格がどのくらいになるかは手術を考えている人にとっては大変気になる点でしょう。手術の価格は、現在非常に利用しやすいものとなっています。手術の平均の値段は、もちろんそれぞれの病院やクリニック、または受ける手術の種類によっても異なりますが、両目で10万〜20万くらいが目安です。昔は両目で50万〜100万くらいの手術料金がかかった時もあったのですが、その普及とともに値段も下がり、利用しやすい...

レーシックは以前より利用しやすい価格になったとはいっても、1回に10万〜30万かかる手術なので、「保険が使えるかどうか」という点が非常に気になるところです。これが使えれば、自己負担分が少なくなるので便利なのですが、レーシックは実際どのように扱われるのでしょうか。まず、「健康保険」の適用はありません。健康保険は日本の国民は加入が義務とされているもので、けがや病気など医療が必要となった時に医療費を国が...

レーシックの手術を受けたと思った時、それにかかる費用がどのくらいになるのかが気になる点だと思います。まず、手術費用がかかります。レーシックの費用は、平均10万〜20万くらいですが、各病院・クリニックで金額に差があることに驚くことでしょう。レーシックは自由診療であり、手術にかかる金額はそれぞれの病院・クリニックで自由に設定できるのでこのように料金に差があるのです。また、手術の種類、使用している機器な...

レーシックで怖いのは感染症が発生してしまうことです。実際に、2009年の2月に東京都中央区にある銀座眼科でのレーシックの感染症事件が報道されました。これは、銀座眼科でレーシック手術を受けた患者639人中67人が感染性角膜炎や結膜炎を発症したという事件です。手術後に異常な症状を訴えた67人は17歳〜66歳の男女です。そのうち2人が入院し、19歳の女性は失明の恐れがあるほどの重症となりました。この事件...

レーシックの手術を受けた直後は、目が大変デリケートな状態になっています。感染症や合併症など思わぬトラブルを起こさないためにも、きちんと目のケアをすることが大切です。レーシックの手術を受けると、医師から点眼薬を処方されます。これは、感染症を予防したり、手術後になりやすいドライアイを解消したりするための目薬です。場合によっては数種類処方され、手術当日から数日間は決められた間隔ごとに点眼をすることになり...

レーシックの手術を考えている人は、「失明する危険はないのか」、「費用はどのくらいかかるのか」、「自分にも受けられるだろうか」など様々な不安を感じることでしょう。ここでは、レーシックについて不安になることが多い点について説明していきます。まず、「失明する危険はないのか」という点です。目の手術なので、失敗すると怖いと感じる人もいるでしょう。しかし現在、日本だけでなく世界においても、手術が失敗して失明を...

レーシックは、様々な種類の治療方法があります。それぞれの種類ごとに特徴がありますので、自分に適した治療方法を選択することが大切です。ここでは、代表的な治療方法についてのそれぞれの特徴をお話します。まず、「レーシック」があります。この手術の特徴は、角膜の一部をめくってフラップを作成する際に、「マイクロケラトーム」という金属製のカンナのような医療機器を使うという点です。マイクロケラトームを使用したこの...

現在、レーシックはその安全性と効果の高さに注目が集まり、幅広い年齢の人が手術を受けています。そこで、「中高年でもレーシックを受けられるのだろうか?」という疑問を感じる人もいるでしょう。中高年、つまり40代〜50代の人は手術を受けてその効果を得ることができるのでしょうか。結論から言えば、中高年でも手術を受けることによってその効果を実感することは可能です。実際にその年齢の人で手術を受けている人もたくさ...

レーシックが近視の矯正に非常に効果が高いことは知られていますが、乱視の治療も可能なのでしょうか。結論から言えば、レーシックで矯正をすることが可能です。以前は、複雑な症状の場合はレーシックで治療をすることはできなかったのですが、医療技術の進歩によって複雑な症状でも治療ができるようになりました。実際に、その治療に訪れる人も多いようです。この症状は大きく2つに分けられ、その1つである「正乱視」は、角膜ま...

レーシックは極めて安全性の高い手術ですが、まれに後遺症が残る場合があります。では、どのような後遺症があるのかを具体的に見ていきましょう。まず、「過矯正」があります。これは、手術によって過度に矯正されてしまい、見えすぎてしまう状態です。近視を治療したら逆に遠視になってしまったという状態とも言えます。具体的な症状としては、近くが見えにくい、光がまぶしく感じる、近くから遠くに目を移すと焦点が合わないなど...

ネットで「レーシックの手術を受けると、将来白内障の手術を受けられないのですか?」という質問をよく目にします。結論としては、「レーシックの手術を受けていても基本的に手術は可能」です。そもそも白内障とは、水晶体が濁ることによってかすみがかかって見える、まぶしく見えるという症状になることです。最も多いのが「老人性白内障」で、60歳〜80歳の人でこの症状を持っている人が多いようです。データによると日本人の...

レーシックの技術は日々進化し、正確で極めて安全性の高い手術なのですが、失敗事例もまれにあります。失敗のケース具体的に見ていきましょう。まず、レーシックの手術を受けたが思ったより視力が上がらない、ということが挙げられます。通常は、手術を受けると平均1.0以上の視力まで回復することができるのですが、まれにそこまで上がらないこともあります。強度の近視の場合や角膜が薄い場合に起こることが多いようです。レー...

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る