レーシック

波を横にすすめるようになるには目線が大切

テイクオフから波を横にすすむ練習は順調でしょうか?
少し横にすすめるようになるだけで、サーフィンが断然面白くなってきていると思います。

 

思うように横にすすめない人は、目線に注意してみて下さい。
目線を向けるということは、上体が進行方向に自然と向くと言う事です。
下半身もそれにつられて重心移動を行います。

 

立つ練習で覚えた重心の取り方はそのまま行っていても、
目線を変えると方向転換のためにバランスを取りながら重心移動できるようになるので、
これによってボードから落ちる事はありません。今まで通りの乗り方をして下さい。

 

目線は進行方向の遠くを見るように心がけましょう。
手前を見てしまうと、海面に向かっていることになってしまい、
上体が閉じてバランスがとりにくくなるばかりか失速します。

 

もちろん上体が緊張してガチガチの状態ですとうまく体が動きません。
適度に力を抜いた状態で立つ練習をしましょう。

 

初心者のうちは下手に下半身に意識を集中させるよりも、
目線を使って上体を動かす練習をした方がうまくいきます。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る