ゲッティングアウト 覚え方

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

ゲッティングアウトのためのテクニックのコツ

ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法はあるでしょうか?
サーフィンは海が相手ですので、細かい状況は常に変わってきます。
最も大切なポイントに気をつけて、プッシングスルーもローリングスルーも失敗を減らしていきたいものです。

 

コツとしては、まずタイミングの計り方が上げられます。うまくいきません。
波と上級者のスルーのタイミングをよく観察しましょう。

 

次にあげられるのは、波に対する角度です。波に対して垂直に向かって行くようにしましょう。
そのためにはしっかり上体を反らせて波を見ることと、バランスを調整するためのボード上での正しい姿勢が必要です。

 

基本姿勢がとれていないためにスープをまともに受ける失敗をしている人もいます。
始めのうちは波のブレイクに対して十分に余裕をもって準備に入るのもコツの一つです。

 

慣れてきてからさっとスルーのポジションに入れるようになれば良いのです。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法関連ページ

パドリングの陸練習
サーフィンでうまく波に乗れるようになるためには陸練習も欠かせません。
パドリングの海練習
サーフィンの基本のパドリングを海練習してみましょう。
パドリングの悪い例
サーフィンの基本のパドリングの悪い例について考えてみます。
ゲッティングアウトのタイミングは?
パドリングで沖に出ることをゲッティングアウトと言いますが、そのタイミングについて
ゲッティングアウトのカレント利用法
潮の流れ(カレント)を読んで楽に沖に向かう方法。
波のやり過ごし方(足がつく場所)
足の着く所でスープやうねりを飛び越える方法
プッシングスルーとは?
ゲッティングアウト時に、波が小さい時にはプッシングスルーを選んで下さい。
ローリングスルーとは?
大きな波の超え方のローリングスルーも覚えましょう。
ドルフィンスルーとは?
ドルフィンスルーはショートボード向きです。
波の待ち方とテクニック
テイクオフの前の沖での波の待ち方とテクニックについて説明しています。