サーフィン練習

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

サーフボードに立つ練習をスープで

ビーチでサーフボードに立つ練習を十分行ったら、次は足が着く場所でスープに乗って立つ練習をしてみましょう。
うねりでのテイクオフは初心者には難しいので、スープに乗ってスピードや波に押される感覚を練習します。
ここまでくると、いよいよサーフィンらしい感覚を体験することができます。

 

乗り方はまず、ボードに腹ばいになります。
スープのタイミングをしっかりと見て、パドリングを始めます。
スープに乗った瞬間、テールが持持ち上げられる感覚を感じたら、
陸上練習の時と同じくサーフボードに立ち上がります。

 

その時重心は低めに、体はしっかりと進行方向を見るのがポイントです。
スープで立つ練習をすることは、ビーチでの陸上練習の確認の意味もあります。

 

ここで中途半端な完成度だと、実際に沖に出てテイクオフするのは難しいと思って地道に練習しましょう。
スープでの練習は人目が気になるとは思いますが、サーフィン上級者も通った道ですので
気にしないで頑張りましょう。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

サーフボードに立つ練習|浅瀬のスープに乗って立つ練習方法関連ページ

サーフボードが進む原理
サーフボードはなぜ進み出すのか?
サーフボードに立つビーチ練習
しっかりビーチで練習して理想のテイクオフを目指しましょう。
腹ばいのままでスープに乗る練習
腹ばいのままでスープに乗る練習をしてみましょう。
うねりを使って立つ練習
うねりを使って立つ練習をしてみましょう。
ブレイクに乗ってテイクオフ
波のブレイク(崩れる波)に乗ってテイクオフです。
テイクオフ失敗しやすい人の波の乗り方
テイクオフを失敗しやすい人の波の乗り方
横にすすむ練習
テイクオフの成功率が上がってきたら、次は横にすすむ練習をしてみましょう。
目線が大切なテイクオフ後
思うように横にすすめない人は、目線に注意してみて下さい。
プルアウトとワイプアウトの練習
サーフィンのレベルが上がってきたら、失敗した時も上手な失敗ができるようにプルアウトとワイプアウトの練習をする。
ストールとプルアウト
ストールとプルアウトを覚えて上手にライディングを終えよう