サーフィン ゲッティングアウト

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

サーフィンのゲッティングアウトのタイミングは?

サーフィンは波のある沖に出なくてはいけません。パドリングで沖に出ることをゲッティングアウトと言いますが、
どのようなタイミングで行けばよいのでしょうか?

 

まずは回りで既にサーフィン歴が長いと思われる人を観察してみるのが良いかと思います。
ゲッティングアウトの為に波の砕けた後に白い泡上の物が押し寄せるスープという状態を
超えて行かなければなりませんが、その際にはいくつかのテクニックが必要です。

 

もし回りの上級者が何度も波をくぐってゲッティングアウトをしているようでしたら、
無理に挑戦する必要はありません。
無理だと判断したなら、初心者のうちは岸に近い海(インサイド)でスープを乗り切る練習をしましょう。

 

ゲッティングアウトできそうだと判断したら、海を観察してセット(何本か大きな波が一緒に来る状態)と
セットの間で出るとスムースです。
最初のうちはスムースにできなくても、上手な人を観察してゲッティングアウトを何度も行ってみて下さい。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

サーフィンのゲッティングアウトのタイミングは?|楽に沖に出る!関連ページ

パドリングの陸練習
サーフィンでうまく波に乗れるようになるためには陸練習も欠かせません。
パドリングの海練習
サーフィンの基本のパドリングを海練習してみましょう。
パドリングの悪い例
サーフィンの基本のパドリングの悪い例について考えてみます。
ゲッティングアウトのカレント利用法
潮の流れ(カレント)を読んで楽に沖に向かう方法。
波のやり過ごし方(足がつく場所)
足の着く所でスープやうねりを飛び越える方法
プッシングスルーとは?
ゲッティングアウト時に、波が小さい時にはプッシングスルーを選んで下さい。
ローリングスルーとは?
大きな波の超え方のローリングスルーも覚えましょう。
ドルフィンスルーとは?
ドルフィンスルーはショートボード向きです。
ゲッティングアウトのマスター方法
ゲッティングアウトのテクニックを効率よくマスターする方法
波の待ち方とテクニック
テイクオフの前の沖での波の待ち方とテクニックについて説明しています。