サーフィン練習 腹ばい

神戸神奈川アイクリニックのレーシック

サーフボードに立つ練習をあえて立たないでやってみる

ビーチでサーフボードの上に立つ練習は十分やっているのに、
足のつく場所でスープに乗ろうとすると全く立てないという方もいるかと思います。

 

そんなときは腹ばいのままでスープに乗る練習をしてみましょう。
サーフボードに立つばかりがサーフィンではないのです。

 

乗り方はスープで立つ練習をする時と同じく、岸に向かって腹ばいでスープを待ちます。
立たずに腹ばいのままスープの流れに乗るわけですが、この練習で覚えることは「バランス感覚」です。

 

おへそでしっかり自分の中心を支えて、スープに対して垂直に進んでいるのを意識して下さい。
手は上げて、サーフボードを掴まないようにします。
慣れてきたら右や左に体を傾けたり、上体をあげて重心をテールに移してみたりと、
サーフボードがどんな反応をするのか体で覚える練習をします。

 

この練習の後だと、何故立てなかったのかわからないというくらいスムースに立てる事があります。
腹ばいでの練習は、実はサーフボードに立つ練習なのです。

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

サーフボードに立つ練習をあえて立たないでやってみる関連ページ

サーフボードが進む原理
サーフボードはなぜ進み出すのか?
サーフボードに立つビーチ練習
しっかりビーチで練習して理想のテイクオフを目指しましょう。
サーフボードに立つ練習をスープで
足が着く場所でスープに乗って立つ練習をしてみましょう。
うねりを使って立つ練習
うねりを使って立つ練習をしてみましょう。
ブレイクに乗ってテイクオフ
波のブレイク(崩れる波)に乗ってテイクオフです。
テイクオフ失敗しやすい人の波の乗り方
テイクオフを失敗しやすい人の波の乗り方
横にすすむ練習
テイクオフの成功率が上がってきたら、次は横にすすむ練習をしてみましょう。
目線が大切なテイクオフ後
思うように横にすすめない人は、目線に注意してみて下さい。
プルアウトとワイプアウトの練習
サーフィンのレベルが上がってきたら、失敗した時も上手な失敗ができるようにプルアウトとワイプアウトの練習をする。
ストールとプルアウト
ストールとプルアウトを覚えて上手にライディングを終えよう