レーシック

サーフボードに立つ練習をビーチで

サーフボードに難なく立てるようになれば、サーフィンのレベルはかなり上がったと言えるでしょう。
難関のサーフボードの乗り方はいきなり沖で立つ練習をするのではなく、
しっかりビーチで練習して理想のテイクオフを目指しましょう。

 

大切なことは、パドリングから立ち上がる一連の動きで常に重心を失わない事です。
体勢は変化しますが重心はつねにボードのセンターに乗るようにします。

 

パドリングの姿勢から、両手を胸の脇に置き一気に前足をボードのセンターに置きます。
足が置けたら腰を上げます。
波の上では常に前に進む事になりますから前足重心が良いでしょう。

 

立った時の姿勢のチェックポイントは、両足はストリンガー上にスタンスされているか、
顔をしっかりあげて前を向いているか、両手を広げてバランスをとっているか等です。

 

実際には波の上でストリンガーの位置を目で確認することはできません。
正しい乗り方は毎日毎日繰り返し練習して覚えましょう。鏡の前で練習するのも効果的です。

 

【近視サーファー】の方が安全、快適にサーフィンを楽しめる!

トップへ戻る